音楽

2014年4月24日 (木)

ガルネリウス名古屋ライブ

010

4月19日名古屋クアトロでのライブは、2列目を確保。
先週の札幌に劣らず、素晴らしいライブとなりました。札幌ほど爆笑ライブとならなかったのが残念ですが(笑)


2週続いてライブに参戦したのは初めて。
曲目も同じでしたが、名古屋は3rdアンコールにUnited Blood~Burn My Heartが1曲多く演奏されました。

写真撮影解禁になったのは、3rdアンコールのBurn My Heartから最後の挨拶シーンのみ。

とにかく曲に集中したかったので、名古屋ではあまり写真取ってません・・・まっ、札幌でたくさん取ったし、衣装もTシャツで代わり映えしないのでこんなもんでしょう。


一番驚くべき事としは、Yuhkiさんの右手がかなり動くようになっていたこと。
手元をガン見してたけど、手首を使うアルペジオはまだ無理。スケールも指のくぐりの連続は無理。ってことで、Syuくんとのユニゾンも部分的にコードのみ弾いたりとある意味とてもレアな演奏でした。いつもなら右手で弾いている高速フレーズを左手で弾くのはさぞかし大変だったことでしょう。



今回、2週続けてステージを見た感想は・・・いかん!感動が薄まる!
曲順がわかってるのが原因かな?
音がワっとなった瞬間にときめかなくなってしまうのが惜しいなあ。

・・・ということで、以後、続けての参戦は止めておくつもりです。

あっ、決して名古屋がつまらなかったワケではありませんよ!
小野さんは相変わらず絶好調だし、Syuくんは「また今回も名古屋にマジック起きてる!」と言ったほど、会場の雰囲気も良かったのですから。






2014年4月17日 (木)

北海道へ<その2>ライブ編

4月12日、札幌キューブガーデンでのガルネリウスライブに参戦!

012_2

4月の札幌は道端に雪が残っているのですね。
開演前の気温は2度。


前売り券をぎりぎりに購入したので、後ろの方で見るしかないかな?と思っていたけど、本番が始まると前から3-4列目に行くことができました!


今回のツアーはキーボードのYuhkiさんが右手首を骨折してるという事で、どこまでライブで弾けるか心配していましたが、全く案ずることはなかったです。というか、新たな技「竪琴奏法」で目立つは目立つ!ちゃんといつものスピードで弾けていました。

そして、Yuhkiさんに笑いの神様が降臨~♪
小野さんが笑い過ぎて立ち上がれない程。
次の曲に行けない場面も2回ありました。


あと、音楽的にスペシャルだったのは、初めてのアコースティックコーナー。
全員座って演奏するため、なんかメンバーが照れている。
小野さんが「ソロコンサート」みたいと言うと、すかさずSyuくんがアコギで「You're the Only・・・」のイントロを!!歌いだす小野さん!
でも出だしだけしか歌わなかったので不満そうなSyuくんが次に奏でたのは「キレイだね」のイントロ!!なんとSyuくんが「キレイ~だね!」とワンフレーズ歌ったのが私にとってスペシャルな瞬間でした。


「Promised Flag」のキーボードソロの部分もSyuくんがギターソロとしてかなりアレンジして弾いていたのが印象的でした。
あとの曲については、Yuhkiさんが竪琴奏法でソロをちゃんと弾いていて、かなり驚きました。ショルキーの鍵盤は狭い上、上体を折り曲げての演奏なのに見事な弾きっぷり♪


アンコールでは小野さんもキーボードソロに挑戦。
一瞬でしたが、けっこう上手に弾いてらっしゃいましたよ(笑)


最近のライブでは一番MCも長く(これ、大事!)、今思い出しても笑いが止まらなくなるほど。

以下、Yuhki語録「小野さんの彼女になったみたい!」「お肉も女の子用のひと口サイズに切ってくれるの。別にもっと大きくてもいいのにぃ~」「このネックレスもあの小野正利につけてもらっちゃった!」と言うとすかさず「ズルい!僕も付けてーや」と言うSyuくん。
「とてもスマートにエスコートしてくれて・・・生まれ変わったら小野さんになりたい!」という爆笑トーク炸裂。この時点で小野さんは立ち上がれない程笑っている。「じゃあ、たまには僕から紹介するね。オンキーボード!あっ、違った!」と大ボケかました段階で、再びずっこけて立ち上がれない小野さん。

あと、小野さんからはBS番組「コロッケ千夜一夜」の収録の時の話題。アシスタントのおねーさんがタイプの人だったとかで、デレデレした顔になっているとか。
今、調べてみたらこれですね。4月25日21時:BS日テレ
http://www.bs4.jp/croket/outline.html

あら、おねーさんは唐橋ユミさんとおっしゃるのね(笑)
そうそう、ステージでの小野さんの告知は日にちも番組名もあやふやでした(笑)


あと、サプライズとして今回のツアーはアンコール2ndアンコールより、写真撮影がOKに!!
外国では当たり前の光景ですが、日本で写真OKとは!

以下ガルネリ写真館で~す。

020_2


015


027

022_2

042_2

 

2014年4月 1日 (火)

5日遅れ




発売日より遅れること5日。
本日、やっとガルネリウスのライブDVDを見ることができました。


モチロン圧巻の演奏note
しかもBlu-rayなので画像もキレイ。
音像も迫力も申し分無い見事な内容でした。3枚組で全部見ると8時間もかかるのですが、赤坂ブリッツ・名古屋クアトロ・渋谷公会堂は私が参加したライブなので、感激度が違いますscissors


しかしAmazonは何故5日も遅配したのかな?こんなこと言ってはファンの人に怒られそうだけど、私にとっては5日遅れが有難かったのです…。


メロディーがいなくなってから音楽を聴く気にならず、2週間経ってやっと聴ける状態になってきた日を選んで届いたみたいpresent


ひょっとして遅配はメロディーの仕業⁇…そんな事はアリエナイですが、このところ不思議な現象が続いてるので。


メロディーのミラクル旋風がまだ吹いているような気がしていますsmile

2013年11月24日 (日)

カラオケ得点対決!

Img_1091

一昨日(11/22)の新聞テレビ欄です。
小野さんの名前がある!

ということで、普段ゴールデンタイムにテレビを見る習慣がない私が、珍しくテレビの前に正座して3時間、この番組を見ていましたhappy02

な~んか身内が出る感覚に近いので、ドキドキして登場を待っていましたheart04
小野さんが歌ったのはモチロン「You're the Only・・・」
オリジナルバージョンに忠実に、さらにガルネリウスで鍛えた音圧を加えた歌いっぷりはサスガでしたnote


この方、テレビ的なトークもOKだし、ルックス的にも46歳とは思えない若さとスタイルshine
ブレイクしてもよさげなんですが・・・up


ガルネリウスDVDの宣伝テロップもちょこっと出ましたネwink
ライブではもっともっと歌えるんだゾsign01と思いながら、繰り返してこの番組の録画を見ている私です。

Img_1092_2




2013年10月18日 (金)

夢のようだった渋谷公会堂

10/14から4日たっても、ガルネリウスの魔法から覚めないいずぽんですshine
この思いをどう表現したらいいのかわかりません。
まさにサプライズに次ぐサプライズ、こちらの予想をはるかに超えたライブ展開となりました。

本当は順序立てて書かばならないのですが、まずは強烈に感動した事を箇条書きにしたいと思います。


・3回目のアンコールはSyuくんのギターソロから始まり、クライスラー「序奏とアレグロ」~マスネ「タイスの瞑想曲」に入ったところでSyuくんの合図とともにステージ奥の幕が開き、さらに一段高くなったステージに弦楽合奏団が登場!
生のストリングスをバックに原曲よりも速いテンポで天まで歌い上げるようなギターを熱演heart02


・間髪入れずに流れてきたのはチャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲Op.35」。そうです!Angel of Salvationのイントロが生演奏で聞けたのです!
でも木管パートはどうするのかと思っていたら、同期してRockパートへと受け継がれ一気に盛り上がったところに→


・「ボシュ!」という音がして「エッ!」と思った瞬間、天井からキラキラゴールドのテープshineがわんさか降ってきました。何本もキャッチできたので、それを振りながらの一体となったエンディングの演出は本当に感動モノでしたheart02


・小野さんから「エンジェルストリングスでした~!」という紹介があり、ラストを飾るには充分すぎる演出と思っていたところ、さらにサプライズがsign01
RISE UPのイントロがストリングスの生演奏で聞こえてくると、いつのまにかグランドピアノが現れてYUHKIさんがsign01ピアノの生演奏が聞けたsign03
この曲をCDで耳にしてから、生のオーケストラとピアノで聞いてみたいと思っていただけに感動のレベルメーターはピークに達していましたheart02


以上、サプライズが尋常じゃなかったアンコールでした。
その他のサプライズとしては、


・ステージに階段(花道)が作ってあり、ちゃんと使いこなしている小野さん。やはりこの人はレベルが違う!


・1曲目がいきなりDestinyで始まってビックリしたのに、間髪入れずになだれこんだ2曲目のCarry onの冒頭ロングハイトーン「Ah~!」で、「シュッ!」という音と共にスモークの柱が勢いよく上がるupまさに大ホールならではニクイ演出。


・中盤のTomorrowでは、今度は火柱(大きなたいまつ?)が曲が終わるまで灯されて実に効果的な演出となりました。



主なサプライズは以上かな?



今回は会場の音もクリアでバランス良く聞こえました。とくにドラムのリズムが良くわかり、「あっ、今5拍子だった!」みたいに、曲の細かい部分も楽しめました。


1時間をゆうに超えるアンコールを入れて3時間たっぷりのライブ。
充実感でいっぱいでした。また良い意味で私の予想を裏切ってくれるガルネリウスに乾杯です!


Img_0773





2013年10月16日 (水)

サプライズなライブの感想をちょこっと

言葉に10月にiPhoneをiOS7にバージョンアップしたとたん、パソコンとの同期が思わしくないwobbly
せっかくガルネリウス渋公ライブの余韻が残っているうちにブログに書きたかったのだけど、写真が同期できないため、夕方からPCのiCloud設定をあーでもないこーでもないと格闘していたら・・・突然治ったsign01
東京で撮った写真がざざざざざっと一気にPCに流れてきたところで、疲れ果てて今日は気力が残っていませんwobbly

なのでちょこっとだけ。

10/14渋谷公会堂でのガルネリウスは、今までで一番感動したライブでしたheart01
サプライズに次ぐサプライズの連続で、アンコールのAngel of Salvationでは天井から客席にこんなキラキラテープが降ってきました。

記念すべき日付にバンドロゴ、そしてメンバーのサインが印刷してあるテープがヒラヒラと空中に舞いながら降ってくる演出はサプライズを超えていました。

Img_0778

座席の場所が良かったのか何本もGETできたので、家での使い道を思案中。クリスマスツリーの演出にはもってこいですが、まだ時期が早いのでとりあえずは暖簾にしちゃおっかなbleah


このキラキラテープを超えるサプライズがこれでもかというほどあったスペシャルなライブの感想はまた後日ネ。
長くなりそうなので、時間が取れるときにじっくり書くつもりです。

2013年10月 2日 (水)

ライブの感想

Img_0713

9月28日のガルネリウス名古屋ライブの感想です。

「今、マジックが起きている~!」と思わずSyuくんが言うほど、一体感を味わうことができたライブとなりました。しかも下手にいたのに押されるなんて前代未聞coldsweats02 


以下、セットリストのネタバレを含みますのでご注意。


いつもは主に楽器陣に注目して超絶ライブを楽しんでいるのですが、今回は8曲目に披露されたALONEでの小野さんの歌声にノックアウトlovelyALONEって、こんなエモーショナルな歌だっけ?この曲、生で聞くとこんなに良い曲だったのね・・・以後、小野正利とバックバンドのコンサートになってしまったbleah

1音上げしたTHE END OF SORROWの最後は超ロングトーンで魅了し、本編最後のこれまた1音上げたTHE DAY OF RETRIBUTIONの最高音のハイトーンをこれまたロングトーンでキメる。なんて凄いヴォーカリストなんだsign03

久しぶりにMCも炸裂up
3曲終わってのMCで、「ツアーも6か所目になり、やっとツアータイトルも噛まずに言えるようになりました!アライジング~×××・・・」とわざと噛んで先ずは笑いと取るcoldsweats01


疲れているので変な夢を見てしまった話を。「シャワーを浴びていたら全裸の青年が石けんを持って入ってきて、そして・・・。」という最後のお下劣な落ちまで詳しくお話になられたcoldsweats02

足を負傷中のSyuくんが「まだ左足が、生まれたての小鹿のように震えてる」とあまちゃんネタ(?)で笑いを取るhappy02

あとはYuhkiさんが疲れていて足が上がらずに転んでしまった話から、小野さんとYuhkiさんの靴はつま先から減るという年寄り比べのネタ。そして、昨夜はトリートメントで顔を洗ってしまったといううっかりネタも加えて披露。

そんな爆笑MCに加わり、さらにアンコールを1時間。合計2時間40分程の大サービスな内容で、爆音過ぎた事を除くと、大満足なライブとなりました。

次の渋谷公会堂が楽しみですheart01


2013年9月29日 (日)

THE JUDGEMENT DAY

昨夜のガルネリウス名古屋公演は感動的な盛り上がりの中、強烈な耳鳴りのお土産付きの忘れなれないライブとなりましたimpact

詳しく書きたいのだけど、耳鳴りが気になって集中できないのでまた後日ね。


この日はもうひとつ、CD2枚購入した上での会場来場者にバンドから太っ腹なお土産を頂きました。

Img_0716
新曲2曲入りのCDです。
一緒に写ってるのは会場で配られたフライヤー。小野さんのボーカルスクールのチラシが入っていてちょっぴり嬉しかったですhappy01


さっそく聴いてみましたが、「THE JUDGEMENT DAY」が私のツボ過ぎて何度も何度も繰り返して聴いていますheart01
メジャー調のスピードチューンに上手く日本語歌詞が乗っていて、まさに鉄板曲goodコード進行がイイんですよ~heart01こんなにもガンガン積極的に変わっていくコード進行は珍しいような。Bメロのsus4から一気にサビに持っていくあたりはお見事!


でも、ギターソロが無いcoldsweats02・・・そんなことはありえない!
と思って2回目をよーく聴いたところ、ありました!ありました!

長いキーボードソロの後に続いて変拍子と共に現れたギターの音に、一安心happy01
でもネ、いきなりワーミーペダルを踏んでいるのか(?)音が高いので一瞬キーボードと間違えそうな音。
キーボードが大活躍なので、Yuhkiさんの曲なのかな?


来年出る(たぶんこの曲が収録されると思う)、フルレンスCDが今から待ち遠しいです。ますますシンフォニックになって行くことでしょうshine

2013年9月25日 (水)

なんとか予習完了♪

今週28日(土)のガルネリウス名古屋公演に何とか間に合った!

9月3日にフラゲしていた新譜CDですが、じっくり聴きこむ時間がなかなか取れずにいました。学生時代の試験勉強を思わせるような焦りの中、何とか3日前に予習完了scissors 当日はベースラインにひたすら耳を傾けることになりそうですnote 


Img_0652

今回は耳がベースラインばかりを追ってしまって・・・スゴイ動きをするんですね。ほぼ暗譜しちゃいましたhappy02 


「Wings of Misery」の軽やかなユニゾンにビックリです。
こんな爽やかなユニゾンは聞いたことがありません。ステージでもきっとニコニコしながらキメるんだろうな。小野さんならではロマンティックな歌詞も魅力ですshine


何と言っても私が大大大好きなシュリーク・・・「The Day of Retribution」としてパワーアップしたことが嬉しかったです。
いつもこの曲の冒頭たった5秒で胸がいっぱいになりますfull 原曲よりも1音高くなっているため、ライブでの効果はいかにgood


たぶんオープニングSEで流すと思う「Rise up」の哀愁ピアノ曲も気に入っています。Yuhkiさんの才能に脱帽です。前作AOSできっとチャイコフスキーのスコアを研究されたのでしょうね。その結果が実に生きたオーケストラアレンジがたまりません。弦のトレモロがツボです。


さて、ライブまであと3日。それまでにドラムパートを暗譜したいな。

2013年6月12日 (水)

そういえば・・・。

あれから5日も経ったけど、ガルネリウス名古屋ライブの感想<続編>です。

いつもそうだけど、ライブの日からしばらくは小野さんのMC思い出して一人ニヤニヤすることが多いのです。今回はMC殆ど無かったにもかかわらず、やはり思い出してまだニヤニヤしています。確かに今回は漫談風におしゃべりする場面は無かったけど、今後の活動予定などを普通にしゃべっても観客の笑いが必ず起きるのは小野さんのお人柄かな?

演奏中も笑顔のメンバー。超絶難関曲を演奏中もずっと笑顔happy01
見てる方も幸せな気分になります。今まで一番笑顔がいっぱいのステージだった気がします。


終演後は来場者のみに販売されたプレミアムチケットをゲット!
Img_0350
やったー!渋公の座席表を調べたら思いっきりSyuくん側でした。
ライブハウスだとなかなかSyuくん側では見られないので、ラッキーラッキーscissors

あともう一つオマケ。終演後のステージはこんな感じでした。
Img_0348

さて次はお留守番部隊dogのミステリーな話を。

ELLからダッシュで帰宅して、恐る恐る玄関ドアを開けると・・・。
なんと靴の横にでっかいウ○チが2個。もう1ヶ所には床にこすり付けた跡が!(汚くでスミマセンsweat01

犯人はダレ?二匹ともリビングですやすや眠っているのですが・・・???
メロディーも自分のお布団から動いた跡が無いのです・・・???


う~ん。ブツの大きさ&量からすると明らかにメロディーなんですが、彼女は段差は無理sign01
以前も玄関に転落したことがあったけど、自力では上れなかったし・・・。
でもメロディーしか考えられないので、きっと自力でもがいて段差を上ったのでしょうね。まだ前足は強いので、頑張れば無理じゃないけど、やはり留守番させるのは不安ですね。


しかし、メロディーさん。玄関にウ○チして「しまった!」と思ったのでしょうね。アリバイ工作のため、必死で戻ったと思いますcoldsweats02 いつもはお布団の段差も上るのが難しいのに・・・。すごい底力です。メロディー恐るべしannoy

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー